目元・口元・おでこの深いシワを解消します

MENU

簡単でおすすめ!豆乳洗顔

スペシャル洗顔の手段としてまずおすすめしたいのが「豆乳洗顔」です。

 

さっそく、手順をご説明しましょう。

 

まずは、いつも通りの洗顔をします、
次に成分無調整の豆乳をコップ1杯用意し、同量のお湯にその豆乳を注いで混ぜましょう。

 

あとは、この豆乳の混じったぬるま湯で、じっくりと顔を洗うだけです。
「豆乳の成分が肌全体に行き渡るように」ということを意識して洗いましょう。

 

そして最後は、顔をぬるま湯でサッとすすげば完了です。
「しつこく何度もすすがず、軽くすすぐ」というのがポイントですよ!

 

この豆乳洗顔は、古い角質をやわらかくして、はがれ落ちやすくするだけでなく、毛穴に詰まった皮脂汚れも溶かしてスッキリさせてくれるという嬉しい作用があります。

 

また、豆乳には抗酸化作用や保湿作用のある成分もたっぷり含まれているため、美肌効果も得られる、というのも嬉しいメリットですよ。

 

「スッキリした洗い上がり」を求めたい人にはこれ!

いつもの洗顔以上に、肌の汚れを根本から落としてスッキリしたい、という人には「重曹洗顔」がおすすめです。

 

まずは、食品用または美容用の重曹粉末を用意します。

 

そして、泡洗顔の泡を作る際、洗顔ネットにいつもの洗顔料と水をつけるだけでなく、この重曹も「耳かき1杯弱」程度の量を投入します。

 

あとはいつもの洗顔と同じようにしっかりと泡を作り、泡洗顔をするだけです。

 

重曹は、油汚れとたんぱく質汚れをよく落とせる作用を持っているので、古い角質や毛穴の皮脂汚れ、さらにはメイクの油分残りまでスッキリしますよ!

 

ただし、重曹は「細かい粒」でできているので、重曹を入れた泡でゴシゴシこすると肌表面に傷がついてしまいます。重曹を使っての泡洗顔は「いつもよりやさしく」ということを心がけましょう。

 

また、重曹洗顔をした後の肌は、汚れがスッキリ落ちるだけでなく、皮脂も徹底的に洗い落とされてしまうので、肌はいつもより水分が蒸発しやすくなっています。ですから、重曹洗顔後はなるべく素早く、いつもより念入りに保湿ケアをするのも大切なポイントですよ。

 

保湿力を究極に高めるスペシャル洗顔はこれ!

肌の乾燥が気になる人に、「保湿力を究極に高める洗顔」としておすすめしたいのが、「昆布汁洗顔」です。

 

この昆布汁洗顔は、朝からの準備が必要。
まず、朝に、ダシ用の昆布(長さ10センチのものを3枚くらい)を軽く水洗いしてから、600〜800ccの水につけておきます。
昆布の軽い水洗いは、昆布についた塩気をとるのに必要な作業ですから、必ず行うようにしましょう。

 

そして夜、通常の洗顔が終わってから、朝から昆布をつけておいた水で、しっかりと念入りに顔をすすぎます。

 

そしてその後はぬるま湯で洗い流すのではなく、タオルで水分を押さえるだけにする、というのがポイント。

 

こうすることで、昆布の保湿成分「フコイダン」がしっかりと肌に残り、肌の保湿力がぐっと高まるのです。フコイダンは人の肌との相性もいいので、肌トラブルのリスクも少ない、というのがメリットですよ。

シワのないツヤツヤ肌を作るためのスペシャル洗顔関連ページ

シワが気になる人の、スキンケア時のちょっとしたポイント
シワが気になる人の、スキンケア時のちょっとしたポイント シワ改善のためのサポートとして、スキンケアというのは大切な存在。 せっかくスキンケアをするのなら、ちょっとだけ「シワ改善により役立つ使い方」をしてみませんか?
乾燥ジワを改善するためのスペシャルパックのススメ
肌乾燥による細かい乾燥ジワを改善するためには、週に1〜2度くらいのペースで、「保湿のためのパック」をおこなうのがおすすめです。 せっかくですから、ここでは、「保湿力が高く、しかもその他のプラスアルファ効果も得られるスペシャルパックをご紹介しましょう。
意外な効果あり!?テープを使ったシワ対策
ちょっと変わったシワ改善法として、美容情報にある程度詳しい人からひそかに人気を集めているのが「テープを使ったシワ対策」です。