疲れが残ってしまう人のためのスペシャル風呂

シワ改善のために、「お風呂でその日の疲れをいやす」というのは、とても大切なポイント。

 

なぜかというと、あまりにも疲れがひどく残ったままで眠りにつくと、脳は「疲労回復」のためのメカニズム作りに集中してしまうので、肌の新陳代謝がおろそかになってしまう可能性があるからです。

 

ですから「疲れがひどい」と思う時は、スペシャル風呂でそれを軽減してから眠りにつきましょう!

 

爽やかな香りとデトックス効果が魅力の疲労回復風呂はこれだ!

疲労回復に役立つお風呂として、まずおすすめしたいのが「レモンバーム風呂」です。

 

レモンバーム風呂は、レモンバームのハーブの葉を入浴剤代わりとして入れるか、天然精油100%のエッセンシャルオイルを、5〜6滴湯船にたらして作りましょう。

 

レモンバームの香りは、爽やかで心身をリフレッシュさせてくれるだけでなく、高い発汗効果もありますので、汗とともに老廃物を排出するデトックス効果で、疲労回復への効果が期待できる、というわけです。

 

レモンバーム風呂は「風邪の引き始めの人でさえ元気にする」というくらい、体力回復効果に高い期待が持てるスグレモノですから、ぜひ試してみて下さいね。

 

意外や意外!?こんなお風呂も疲労回復に役立つ!

疲労回復に役立つお風呂として、「意外だけれどおすすめ」と言えるのが、「お酢風呂」です。

 

お酢を湯船にコップ1杯入れれば、簡単にできますよ。

 

お酢にはクエン酸がたっぷり含まれており、このクエン酸が疲労物質の乳酸を分解してくれます。

 

さらに、お酢には血液やリンパの流れを良くしてくれる作用もありますので、「疲労で溜まった老廃物が排出されやすい」という点でも、疲労回復にうってつけと言えますよ。

 

お酢と言えば、気になるのはあのツーンとした独特のにおいですが、湯船にコップ1杯入れる程度であれば、むしろあの酸っぱい香りがちょうどいい感じになります。

 

「それでもにおいが気になる」という人は、ワインビネガーやリンゴ酢など「香りがいいお酢」を使ってみるといいでしょう。

 

ちなみに、「クエン酸の疲労回復効果を利用する」と言えば、梅を湯船に入れる「梅湯」もなかなかいいですよ。

疲労回復のスペシャル風呂に入ってシワを撃退!関連ページ

乾燥ジワが気になる人のためのスペシャル風呂
「肌が乾燥すると乾燥ジワができる」というのは、顔だけに限った話ではありません。体の皮膚も乾燥すれば、体に無数の乾燥ジワができてしまいますよ。 そんな「体の肌乾燥」が気になる人のための、スペシャル風呂をいくつかご紹介しましょう。
ストレス解消できるお風呂で肌を活性化させよう
湯船入浴は、ストレス軽減効果が高いことで知られていますが、「もっともっとリラックスしたい」と思う人もいるでしょう。 そんな人のために、湯船入浴のストレス軽減効果をさらに高めるスペシャル風呂をいくつかご紹介しましょう。
page top