新陳代謝力を上げる呼吸法

シワ改善のために肌の新陳代謝力をアップさせるには「呼吸」についても目を向けることが大切。

 

呼吸がなぜ大切か、というと、「じゅうぶんな酸素を細胞に運ぶ必要がある」というのももちろんですが、呼吸のやり方ひとつで、交感神経と副交感神経のバランスが変わってくる、という側面もあるからなんですよ。

 

そう、新陳代謝力をアップさせるためには、副交感神経を優位にするためのリラックス呼吸法を覚えることが大切なのです。

 

副交感神経を優位にするための呼吸の基本

副交感神経を優位にするための呼吸の基本となるのが、「息を吸う時間よりも、息を吐く時間を長くする」ということです。

 

具体的には、「息を吸う時間の倍、吐く時間にかける」というのが、理想的なリラックス呼吸のスタイル。

 

「約3〜4秒かけて息を吸い、6〜8秒かけて大きく息を吐き出す」というくらいのゆっくりペースが、もっとも理想的な呼吸時間だと言えるでしょう。

 

なぜ「吐くのに時間をかける」のがいいのか?

さて、ここでおそらく「どうして、息を吐くほうに時間をかけるのがいいの?」と疑問を持たれるかと思いますが、これには理由があります。

 

それは・・・長く息を吐く動作が、「副交感神経の働きを促進するための受容体を刺激する」というメカニズムが働くからです。つまり、息を長くゆっくり吐く、という行為は「副交感神経のスイッチを入れて下さいよ〜」という指令を出すことにつながるわけです。

 

この「時間をかけて息を吐き出すゆっくり呼吸法」は、たった数分程度やるだけでも効果があります。

 

寝る前のリラックス手段としてこの呼吸法をやるのがおすすめなのはもちろんのこと、仕事中に時々この呼吸をして「トゲトゲした交感神経をその場で鎮める」という手段に使うのもおすすめですよ。

 

「息を吐く時のリラックス効果」を最大限に発揮するために

さて、「時間をかけて息を吐き出すゆっくり呼吸法」は、普通にやるだけでもかなり効果があるのですが、よりリラックス効果を出して副交感神経を優位にするために、おすすめの方法があります。

 

それは・・・「最初の息の吐き出しの際に、深いため息をつくようにして、体の奥からすべての空気を出しきる」ということ。

 

こうすれば、体の中の古い空気がしっかりしぼり出されるので、「新鮮な空気によるリフレッシュ」が効いて、リラックス効果アップ・副交感神経刺激効果アップが期待できるのです。

肌の新陳代謝力をアップさせるための呼吸法とは関連ページ

シワ解消のために!寝る前に避けるべきこと
page top