寝る前にやってはいけないこと

質のいい睡眠をとることは、肌の正常なターンオーバー実現のためにとても大切なことです。

 

だからこそ、寝る前に「寝つきを悪くする行為・眠りを浅くする行為」をするのは避けたいものですね。

 

というわけでここでは、「寝る前にやってはいけないことは何か」についてお話ししましょう!

 

「光刺激」を与えないようにしよう!

寝る前にやってはいけないことの代表格となるのが「光による刺激を脳に与える」ということです。

 

どういうことかというと・・・パソコンやスマホ・ゲーム機などの電子画面がダメなのはもちろんのこと、「白っぽい蛍光灯で明るくなっている部屋」もダメです。

 

こうした光の刺激は、脳に強い覚醒作用を与えてしまうんですよ。
さらに、パソコンやスマホ・ゲーム機などは光刺激があるだけでなく、「操作に夢中になる」という要素も加わり、ますます脳が覚醒・興奮してしまいますので絶対にダメ。就寝1時間前からはこれらに触れない!ということを心がけましょう。

 

部屋の照明も、白っぽい色にするのではなく、温かみのある電球色にします。さらに、調光機能がついているなら、就寝30分前くらいから、照明の明るさそのものを落とす、というようにするといいでしょう。

 

「寝る前の長電話」も良くない!?

電話が好きな人の場合、「寝る前まで、親しい友達と電話で会話する」なんてことをしていることもあるでしょうが、実はこれも寝つきと睡眠の質を悪くする「ダメな行為」なんです。

 

というのも、電話での会話というのは、知らず知らずのうちに夢中になって、脳が興奮状態におちいりやすいものなんですよ。
自宅で家族とリラックスしながら会話をするのとは、質が異なるものなのです。

 

ですから夜の電話についても、遅くとも就寝30分前には追えること。また、電話が終わった後は、深呼吸をするなどして、少しでも脳の興奮を鎮めるようにしましょう。

 

あと、言うまでもないですが、寝る前はLINEやチャット・スカイプなどもダメですよ!「電子画面上での会話」は、光による刺激と、「会話の内容を考える」ということによる、ダブルの脳覚醒・興奮作用が出てしまうので、これを寝る前にやるのは最悪、ということになるのです。

 

たとえ、就寝前にLINEが入ったとしても「ここで返事したらまた遅くなるし、見るのは明日でいいや」と割り切るくらいの気持ちを持つようにしましょう。

シワ解消のために!寝る前に避けるべきこと関連ページ

肌の新陳代謝力をアップさせるための呼吸法とは
page top