週末におすすめ!心身をリフレッシュさせるマッサージオイル

「適切なマッサージオイルを体に使うことが、シミ改善にも役立つ」ということを、あなたはご存知ですか?

 

どういうことかというと・・・マッサージオイルの作用と香りでリフレッシュ&リラックスできれば、それが安眠につながり、質のいい睡眠は肌質アップにつながる・・・ということなんです。

 

1週間の疲れを取ってじっくり休んで肌状態を良くするために、週末のマッサージオイル使用を、ぜひやってみましょう!

 

リフレッシュ&リラックスのためのおすすめマッサージオイル

ではさっそく、リフレッシュとリラックスのためにおすすめのマッサージオイルを、2つご紹介しましょう。

 

まずひとつめの組み合わせは、

 

ホホバオイル・・・大さじ2
ローズマリーの天然精油100%のエッセンシャルオイル・・・3滴
ウォルナット(くるみ)のフラワーエッセンス・・・5滴

 

そしてもうひとつの組み合わせは、

 

ホホバオイル・・・大さじ2
スイートオレンジの天然精油100%のエッセンシャルオイル・・・2滴
ラベンダーの天然精油100%のエッセンシャルオイル・・・3滴

 

となります。

 

ひとつめの組み合わせは、「特に気持ち的な疲れがひどい」という時におすすめ。
ローズマリーは疲労回復効果があることで知られていますが、もうひとつのウォルナットの香りは「平常心のための香り」と言われるほどに、ストレスをほぐして平穏な状態にする作用にすぐれています。

 

次に、もうひとつの組み合わせは、「ちょっとリフレッシュ&安眠」という効果にすぐれています。疲れたな、だるいな、という部分をリフレッシュして、あとは回復のための「深い眠り」を誘う、という作用をもたらしてくれますよ。

 

マッサージオイルの使い方

では、これらのマッサージオイルをどうやって使えばいいのかをご説明しましょう。

 

マッサージオイルを使うタイミングは、入浴後。
そしてオイルの作り方は、どちらも「原材料をよく混ぜるだけ」ですので簡単です。

 

あとは、混ぜて作ったオイルを手にとって全身に伸ばし、全身のさすりマッサージをするだけ。全身マッサージに特にルールはありません。「気持ちいい」と思うところをさするようにしましょう。

 

寒い季節は、体が冷えないように、まず空調でしっかりと室温を上げてからオイルマッサージを始める、という手順を守って下さいね。

 

マッサージとオイルの作用で体がポカポカしてきたら・・・オイルは、上から軽くタオルで押さえる程度でOK。その日は、オイルを洗い流す必要はありません。

 

オイルを洗い流さずに寝れば、寝ている間も「アロマ系の香りによる作用」が受け続けられるというメリットがありますよ。

 

そうしてしっかり寝てから、「休日の朝の目覚め」として、オイルをシャワーで洗い流しましょう。

シワの解消につながる!マッサージオイルを使ってリフレッシュしよう関連ページ

顔のリフトアップマッサージでシワを撃退しよう
page top