目元・口元・おでこの深いシワを解消します

MENU

「寝やすい環境」を作ろう!

良質な睡眠を得るためには、寝室の環境づくりも大切です。

 

寝室でいかにリラックスし、「眠ること」に専念できるかが、寝つきと睡眠の質を大きく左右しますからね。

 

ではさっそく、「寝やすい寝室環境」を作っていきましょう!

 

「寝やすい寝室環境」を作るための5大要素

寝やすい寝室環境を作るために大切な要素は、5つあります。

 

それは・・・

 

〇静かさ
〇明るさ(暗さ)
〇温度
〇湿度
〇寝室全体のスッキリ感

 

この5つの要素が揃えば、かなり寝やすい、理想的な寝室環境になりますよ。

 

5大要素を満たすためのポイント

では、寝やすい寝室環境のための5大要素をどうやれば満たせるのか、をご説明しましょう。

 

まず、「静かさ」というのは、周囲の環境によるところが大きいのですが、たとえ周囲が少々騒がしい状態であっても、カーテンを遮音タイプに変えたり、耳栓をつけたり、ドアのすき間に遮音テープを貼るなど、ちょっとした工夫をするだけでも騒音はかなり軽減できます。

 

もっと本格的な遮音をしたいなら「寝室の窓とドアを防音シャッター・複層ガラス・防音ドアにリフォームする」という手もありますが、まずは簡単な工夫から試してみたほうがいいでしょう。

 

次に、「明るさ(暗さ)」については、基本的には、寝室は真っ暗であることが好ましい、と言えますが、人によっては「あまりにも真っ暗だと不安感があって眠れない」ということもあるでしょう。

 

そういう人がよく利用するのが「天井照明の豆電球」ですが、これが実はアウト。あお向けに寝ころがった際に、豆電球の明かりがまともに視界に入ると、たとえあの程度の明るさであっても、それが脳や神経の覚醒をもたらしてしまうことがあるんですよ。

 

真っ暗な寝室にしたくない人は、豆電球スタンド(豆電球の明るさは5ワット程度)を足元側の床に置き、視界に豆電球が見えないようにする、という工夫をしてみましょう。

 

「温度」と「湿度」は、寝室の快適度を左右する重要な要素ですね。
温度については、夏場なら27〜28℃、冬場なら15℃前後の温度に調整しておくといいでしょう。

 

湿度は、どんな季節でも、50〜60%の範囲内にするのがベストです。

 

そして最後に「寝室のスッキリ感」とはどういうことかというと・・・早い話が「余計なモノは置かない」ということです。

 

寝室がモノでごちゃごちゃしていると、それがどうしても視界に入り、そのゴチャゴチャ感が脳を刺激してしまうのです。

 

また、「本があるから、寝つけない時はついつい手を伸ばして本をとる」「眠くなるまでベッドの上でテレビを見る」など、気が散った行動をしてしまいやすいのも、モノが多い寝室の大きな欠点と言えますね。

 

究極の理想を言うなら、寝室は「寝具以外のものは置いていない」というのが最高です。それは極端な話にしても、せめて、できるだけスッキリと片付けるようにしましょう。

シワを解消するための睡眠療法記事一覧

 

質のいい睡眠をとることは、肌の正常なターンオーバー実現のためにとても大切なことです。だからこそ、寝る前に「寝つきを悪くする行為・眠りを浅くする行為」をするのは避けたいものですね。というわけでここでは、「寝る前にやってはいけないことは何か」についてお話ししましょう!「光刺激」を与えないようにしよう!寝る前にやってはいけないことの代表格となるのが「光による刺激を脳に与える」ということです。どういうこと...

 
 

シワ改善のために肌の新陳代謝力をアップさせるには「呼吸」についても目を向けることが大切。呼吸がなぜ大切か、というと、「じゅうぶんな酸素を細胞に運ぶ必要がある」というのももちろんですが、呼吸のやり方ひとつで、交感神経と副交感神経のバランスが変わってくる、という側面もあるからなんですよ。そう、新陳代謝力をアップさせるためには、副交感神経を優位にするためのリラックス呼吸法を覚えることが大切なのです。副交...