目元・口元・おでこの深いシワを解消します

MENU

美顔器や顔マッサージはシワ改善に有効か?

シワの改善法と言えば、市販の美顔器を使ったり、顔マッサージをしたり、といった手段がありますが、これらは本当にシワ改善に有効な手段なのでしょうか?

 

市販の美顔器のメリットとリスク

ではまず、市販の美顔器について見ていきましょう。

 

市販の美顔器で、今主流となっているのが「肌の上をコロコロ転がすローラータイプ」と、「美顔器にジェルをつけて超音波振動で肌に働きかける電動タイプ」の2種類です。

 

これらはどちらも、「手では実現できない、きめ細かい肌へのマッサージ刺激ができる」という点が大きなメリット。手でマッサージをするよりも、高い血行促進効果が得られる可能性は高いでしょう。

 

しかし・・・市販の美顔器は「素人が、説明書をちょっと読んだだけで使う」というものですから、そこにはリスクもあります。

 

もっとも発生しやすいリスクと言えば「美顔器使用時の、力の入れすぎ」ですね。

 

たとえば、ローラータイプの美顔器は「力を入れずに普通に転がすだけでOK」というものが多いのですが、実際には、ローラーを肌に押し付けるようにして使う人も少なくありません。

 

超音波美顔器についても、「超音波の振動をできるだけ奥まで伝えるために」と、グイグイと押すような使い方をする人も多いですね。

 

こんな使い方をしてしまうと、肌は「強すぎる刺激」で日に日にダメージを受け、やがてそのダメージが蓄積していくと、肌繊維がゆるんでハリを失い、かえってシワやたるみを発生・悪化させてしまうことにもなりかねないのです。

 

また、「力を入れない美顔器の使い方」がきちんとできていたとしても、美容効果を出そうとして、あまりにも長時間美顔器使用をする、というのも問題ですね。

 

いくら「力を入れない刺激」であっても、ずっとその刺激を与え続けられると、肌は疲れ切ってしまいますから、これも逆効果なのです。

 

ですから市販の美顔器の使用は、「けっして、無理に力を入れたりせず、使用時間も適切な時間内におさめる」ということが厳守できる人でない限り、おすすめできないものなのです。

 

顔マッサージはやめよう!

では、美顔器を使用するのではなく、自分の手で顔マッサージをするのはどうなのかというと・・・これは正直言って「絶対におすすめできない行為」と言わざるを得ません。

 

なぜなら・・・素人が顔のマッサージをやると、皮膚が大きく上下左右に動くのですが、この「無理な方向への強い引っ張り」が、肌繊維を伸びきった状態にしてしまい、これまたシワやたるみの原因となるのです。

 

「私は顔マッサージを強くやったりしないから大丈夫」と思っていても、それでも肌にとっては、たいていは「強すぎる刺激」になってしまうんですよ。

 

「マッサージに適した手順と力加減」を熟知した人でない限り、自己判断でマッサージを続けるのは、非常にリスクが高いのです。

 

それでもどうしても顔マッサージをしたい、という人は、すべりを良くするマッサージクリームをきちんと使った上で、「ちょっと物足りないかな、と思うくらいの弱い力」で顔マッサージをおこないましょう。

 

ただし、それでも顔マッサージの頻度は、週1〜2回が限度です。
毎日の顔マッサージというのは、たとえマッサージクリームをつけようが、弱い力でやろうが、肌に少しずつ引っ張りや摩擦のダメージを蓄積させるリスクが高いので、やってはいけませんよ。

シワを改善するためのマッサージ方法記事一覧

 

顔のシワ対策として、意外と有効なのが「頭皮マッサージ」です。頭皮が弾力なくゆるんでしまうと、その分顔に皮膚が垂れ下がってシワやたるみの原因になってしまうのですが、逆に、頭皮に弾力を持たせることができれば、顔の皮膚のリフトアップにも役立つ、というわけですね。さらに、頭皮マッサージには血行促進効果もあるので「頭皮の血行促進が顔の血行促進につながり、肌細胞にたっぷりの栄養と酸素が届いて活性化する」という...

 
 

「適切なマッサージオイルを体に使うことが、シミ改善にも役立つ」ということを、あなたはご存知ですか?どういうことかというと・・・マッサージオイルの作用と香りでリフレッシュ&リラックスできれば、それが安眠につながり、質のいい睡眠は肌質アップにつながる・・・ということなんです。1週間の疲れを取ってじっくり休んで肌状態を良くするために、週末のマッサージオイル使用を、ぜひやってみましょう!リフレッシュ&リラ...